医療レーザー

医療レーザー脱毛による全身脱毛は女性の憧れです。

女性にとって体毛が濃く目立っているということは、とても恥ずかしいことで、楽しめるファッションの幅も狭められてしまいます。全身脱毛は究極の憧れともいえる美容ケアですが、全身脱毛 おすすめと言われるエステサロンでの施術では、思ったような効果が出ないという声も聞かれており、より確実で高い効果を求めて、医療レーザー脱毛を受けたいと考えている女性も少なくはないようです。しかし医療レーザーの全身脱毛となると、痛みや費用がネックとなってしまい、二の足を踏んでいる方も多いようですが、最近は比較的リーズナブルな料金設定になっているクリニックも多く、また痛みの面でも軽減処置を行ってくれるので、ぜひチャレンジして見ましょう。医療レーザーなら一回ごとの効果もとても高いので、全身脱毛であってもそれほど回数を重ねなくても十分綺麗に処理しきれます。クリニックによってはとても長い期間の保証期間を設けてくれていたり、他のクリニックより高めの料金設定でも、追加料金やキャンセル料、お薬代など一切無料というシステムをとっているところもあり、意外と安上がりになっています。

医療レーザー脱毛をするとどのくらい痛いのか

美容クリニックでの脱毛方法は、主にニードル脱毛と医療レーザー脱毛の二種類というところが多いです。ニードル脱毛は毛穴の一つ一つに針を刺して電気を流し、毛根を焼いてしまうという方式です。医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応するレーザーを照射し、毛根を破壊してしまうという方式です。ニードル脱毛は想像しただけで痛いというのがわかりますね。あまりの激痛のために、途中で施術を断念する人もいるほどです。それに比べると、医療レーザー脱毛の場合はそこまで痛いとは言えないでしょう。レーザーを当てていくだけなので、広範囲を一気に施術でき、時間も大幅に短縮できます。ただ全然痛みがないというわけでもありません。良く表現されるのは、輪ゴムをバチバチ弾かれるくらいの痛みですね。これをすごく痛いと感じるかどうかは、その人の痛みへの耐性によるので一概には言えません。ただ、ニードル脱毛に比べると痛さは格段に軽いということだけは言えます。

医療レーザーで腕を脱毛すると回数はどれくらい

医療レーザー脱毛は、アレクサンドライトなどのレーザーを照射して脱毛する方法です。このレーザーは黒い色に吸収されやすい光で、毛根や毛母細胞などに集中するメラニン色素に反応します。光を吸収するとその部分が熱を帯び、細胞にダメージを与えることができます。ワキやVラインなどの黒い濃い毛の場合には医療レーザーは効果を実感しやすいですが、腕の産毛などの色の薄い毛には効果が出にくい場合があります。医療レーザーは出力を高く上げることができますので、腕の毛にも出力をあげ、照射回数を増やすことで脱毛することができます。照射回数は、人によりますが、24回から36回ほどかかる場合があります。医療レーザーは、成長期の毛にしか反応しません。メラニン色素が少なくなる退行期や、発毛をしていない休眠期の毛は脱毛することができません。そのため、毛が再び成長期に入るサイクルに合わせて脱毛していくため、腕の脱毛の場合人によっては2年から3年ほどの期間がかかることもあります。